よくあるご質問

よくあるご質問

処方せんについて

処方せんとは何ですか?

患者様に出す薬やその飲み方を書いたものです。医師が診療して患者様の症状に合った薬を書きます。

病院の薬局で、「調剤薬局」からもらった薬の相談はできますか?

もちろんできます。当院では、院外処方においても院内の薬局で患者様にお出ししたお薬の内容は即座にわかるシステムになっておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

院外処方せんとは何ですか?

患者様に病院外の「調剤薬局」に直接持参してもらい、薬局で薬を受け取っていただく処方せんの事です。

医師が診察の結果、治療に必要な薬の量や使い方を記入した処方せんを病院の薬局ではなく、病院外の「調剤薬局」へ持っていき、調剤してもらいます。

なぜ、今までどおり、病院で薬をもらえないのですか?

院外処方せんは発行は厚生労働省が進めている「医薬分業政策」や「かかりつけ薬局制度」に協力するためです。
院外処方せんを発行することによって、薬の待ち時間が少なくなり、今までに十分にできなかった薬の飲み方や効き方など薬に対する指導が「調剤薬局」ではきめ細かく受けられるようになるからです。
さらに、「かかりつけ薬局」をひとつにすると、複数の病院でもらった薬の重複投与や飲み合わせなどのチェックができ、副作用防止など薬を安心して飲むことができます。

なぜ今、院外処方せんを発行するのですか?

院外処方せん発行は当院開業時からの課題でした。開西病院の建っている地区は、昨年まで「市街化調整区域」といって病院以外の建物が建てられませんでした。幸にも本年市街化調整区域の規制が取れ、「薬局」の建設が可能になりましたので国への協力を目的に院外処方せんを発行します。

院外処方せん発行は、今までとどう違いますか?

今までは当院の薬局が医師の指示により調剤し、外来患者様にお薬をお渡ししていましたが、院外処方せん発行では、患者様は院外の「調剤薬局」でお薬をもらうため、院内で外来患者様にお薬をお渡しすることはなくなります。
これにより院内の薬剤師は入院患者様の薬剤管理と指導に今まで以上にきま細かく力を注ぐことができるようになります。

院外処方せんは「どの薬局でも」調剤してもらえるのですか?

薬を扱う店には「薬局」と「薬店」があります。調剤室があり、薬剤師が常時必ずいるところが薬局です。「処方せん発行」「保険調剤」「保険薬局」の表示のある薬局であれば日本全国どこの薬局でも調剤してもらえますので、お好きな薬局に処方せんを持参してください。

一箇所の「調剤薬局」で薬をもらうと、他の薬局では薬はもらえなくなるのですか?

いつでも自由にお薬をもらう「調剤薬局」を変更することができます。患者様にとって利便性がよく親身になってくれる薬局を選ばれる方がよいでしょう。しかし、何度も薬局を変えていると、薬の重複や飲み合わせのチェックが難しくなりますので、頻繁に薬局を変えるのは避けてください。

「調剤薬局」で薬をもらうと、どんな利点があるのですか?

  1. 薬の内容について正確に知る事ができます。
    薬の作用(効能・効果)、副作用、飲み方の注意、飲み忘れたときの対応、保管方法など詳しい説明を受けることができます。
  2. 薬歴管理(あなたの薬のカルテです)であなたの薬の内容について管理してもらえます。

 

あなたがお飲みになっている薬を継続的に管理してもらえるので、副作用などについて余計な心配をしなくてすみます。また、他の病院から薬をもらった場合に、薬の重複や飲み合わせの悪さなどもチェックしてもらえます。

今までもらっていた薬と同じ薬がもらえますか?

処方せんは当病院の医師が作成します。「調剤薬局」では処方せんどおり調剤しますので、今までと同じ薬がもらえます。

一度「調剤薬局」で薬をもらえば、次からは病院にいかなくても薬局で薬がもらえますか?

「調剤薬局」は処方せんがなければ調剤できませんので、その都度病院で院外処方せんを発行してもらわなければなりません。2回目以降も、毎回必ず病院を受診し、「処方せん」を受け取り、「調剤薬局」に持参しないと薬をもらうことはできません。

いつまでに調剤薬局に行けばいいのですか?

院外処方せんの有効期限は発効日を含めて4日間(土日祭日も含む)です。4日間過ぎればその処方せんは無効になります。有効期限内に薬局へ行ってください。
特別な場合に限り、有効期限を延長することもできますので医師にご相談ください。

院外処方せんは「本人以外の者」がもっていっても調剤してもらえますか?

処方せんの「原本」があれば、ご本人でなくてもかまいません。患者様は家や病院でお休みになり、ご家族や付き添いの方が処方せんをお持ちになっても、調剤が受けれます。

調剤薬局に行くと、調剤する前にいろいろ聞かれることがありますが、なぜですか?

安心して薬を使用していただくために、薬剤師は処方せんを受け付けると、まず患者様から必要な情報をお聞きします。過去に副作用やアレルギーが起こったことはないか、他の薬と一緒に使用して大丈夫かなどを判断して調剤します。

自宅近くに「調剤薬局」がない場合はどうすればいいのですか?

「調剤薬局」であればどこでも薬はもらえるので、自宅近くになくても病院の近くや職場の近くの薬局でもかまいせん。一番便利と思われる「調剤薬局」でもらってください。

自分の病気のことや服用している薬が他の人に漏れることはありませんか?

薬剤師は患者様から聞いたことを他人に話すことは法律で固く禁じられています(守秘義務)。プライバシーは必ず守られますのでご安心ください。

お薬代の支払い方法はどう変わるのですか?

病院では今までのお薬代を頂かず、「処方箋料」の保険負担分(68円~204円)を頂きます。「調剤薬局」では、お薬代、調剤料、薬の管理指導料の保険負担分を支払います。
病院ではお薬代は頂きません。お薬代は「調剤薬局」でお支払いください。

院外処方せんの場合、医療費は高くなりますか?

病院内で薬をもらう場合と比べて、一般的には割高になります。今までも薬に対する調剤料などは病院でも頂いておりましたが、「調剤薬局」と院内の薬局では調剤料などの算出基準が異なるため若干ですが高くなります。
しかし、患者様が「調剤薬局」での服薬指導を十分受けたり、薬に関する相談は納得されるまで充分に時間をとることができます。また、ご相談は患者様の都合のよいときに、いつでも、何度でもかまいません。

院外処方せん調剤の料金は薬局によって変わりますか?

院外処方せんによる調剤の料金は国で定められており、基本的には全国どこでも同じです。

「かかりつけ薬局」を持つことをすすめられましたが、どんな薬局ですか?

複数の病院にかかり、薬を処方してもらうと薬の重複や飲み合わせに問題が生じることがあります。これを防ぐために調剤してもらう薬局を1ヶ所に決めておくことが必要です。これを「かかりつけ薬局」といいます。

良い「かかりつけ薬局」はどのように決めたらよいですか?

以下のようなポイントを参考にして選んでみましょう。

 

  1. 薬剤師が親切で充分に時間を取って薬に関する相談や説明をしてくれる。
  2. 薬剤師の薬の知識レベルが高く、質問に的確に答えることができる。
  3. 自宅や病院、職場から近いなど利便性がよく、いつでも気軽に相談できる。
  4. 夜間や休日などの時間外に相談や対応できる体制が整っている。

外来受診について

予約でも受付は必要ですか?

はい。来院された事を確認し、会計までの受診票を発行した上で診察をして頂きます。

待ち時間はどれくらいでしょうか?

診察や検査の内容によります。初診の場合はお時間に余裕を持ってお越し頂く事をお勧め致します。

博愛会 介護老人保健施設あかしや グループホームかたらい 介護老人保健施設ヴィラかいせい 小規模多機能型居宅介護あんさんぶる リハビリデイりすた
Copyright © Kaisei Hospital. All Rights Reserved.