回復期リハビリテーション病棟によくある質問

回復期リハビリテーション病棟によくある質問

Q.リハビリにあたり必要なものや準備するものはありますか?

A.入院生活を退院後の生活にできるだけ近いものにするために、リハビリの進み具合にあわせて日中は普段着で過ごしていただく場合があります。

必要時は、担当スタッフから説明がありますので、その際は動きやすい服のご用意をお願いしています。またスリッパは滑りやすくリハビリには適しません。踵のある歩きやすい靴のご用意をお願いいたします。

 

Q.リハビリは毎日ありますか?

A.理学療法に関しては土日・祝日関係なく365日実施します。

担当理学療法士が休日の場合は、回復期病棟の同じチームの者が担当することになっています。作業療法と言語療法は、土日・祝日は休日となっており、基本的に暦通りの出勤となっています。

 

Q.入院中に他医療機関の受診はできますか?

A.入院中はご自身の判断で、他医療機関を受診したり、家族の方が「薬」だけを取りに行くことは診療上差支えますので、必ず事前に看護師へご相談ください。

 

Q.外泊や外出はできますか?

A.安全に外出・外泊ができる状況であると医師等が判断した場合は、外出・外泊が可能です。ご自宅での生活に必要な動作がある程度獲得できた時点で自宅での生活動作や不便な部分がないか確認するために外出・外泊をお勧めする場合があります。

 

Q.入院中に施設は紹介してくれますか?

A.私たちはご本人・ご家族のご意向に沿い、共に問題解決へ向け考えていきたいと思います。施設等の社会資源については、リハビリの進捗等を多職種で確認した上で、医療ソーシャルワーカーから情報提供させていただきます。患者さんの生活や環境についてのお考えがあれば、是非医療ソーシャルワーカーまでお寄せください。

 

Q.入院となった場合、担当のケアマネジャーへ連絡した方がいいですか?

A.ご本人もしくはご家族から是非連絡をお願いいたします。困難な場合は、医療ソーシャルワーカーから連絡させていただくことも可能です。

 

Q.退院後もリハビリはできますか?

A.リハビリの継続は医師の判断によるところですが、疾患や紹介元医療機関等、状況により当院での対応が困難な場合もございます。疑問なことは病棟看護師もしくは担当医療ソーシャルワーカー等へおたずねください。

 

Q.手スリ取り付け位置等のアドバイスはしてもらえるのか?

A. 患者様の退院の目処がついた時点で、退院後の生活をより安全で快適にするため、 退院前に、担当セラピストがご自宅を訪問し、段差の解消、手すりの取り付け位置などのアドバイスを行なう家屋調査を行なっています。

 

Q.担当リハビリの希望(男女など)は聞いてもらえるのか?

A.患者様の状態や体格などを考慮しながら、担当セラピストを決定しています。 

 

Q.入院後の回復の見込み

A. 一般的に回復の程度は患者様の原疾患・意識状態・積極性および御家族様の協力に左右されます。 重症脳卒中の患者様でも向上心が旺盛であれば予想以上の回復を見る一方で、 軽症であってもリハビリに拒否的であれば御期待に添えない結果に終わる事もあります。 また入院中は病状が変化しますので、担当医が定期的に説明を行います。

 

その他不明点等がございましたら、当院入退院支援課(TEL0155-38-7566)までご連絡ください。

博愛会 介護老人保健施設あかしや グループホームかたらい 介護老人保健施設ヴィラかいせい 小規模多機能型居宅介護あんさんぶる リハビリデイりすた
Copyright © Kaisei Hospital. All Rights Reserved.