お知らせ

【スケート部だより】ワールドカップ前半戦終了

スピードスケートワールドカップは12月2(金)~4(日)にカザフスタンのアスタナで第3戦、9(金)~11(日)にオランダのヘレンベーン(ヘーレンフェインとも)で第4戦が行われ、開西病院の辻 麻希が、6レースに出場し3度表彰台に上がる活躍を見せました。

第3戦 アスタナ大会

◎2日(金)  500m一回目  38秒06  6位
◎3日(土)  1000m    1分16秒82 12位
◎4日(日)  500m二回目  37秒82  2位

 

◎9日(金)  500m  37秒97  3位
◎10日(土) チームスプリント(郷亜里砂・辻麻希・小平奈緒)

       1分27秒55  優勝
◎11日(日) 1000m 1分16秒88  16位

%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%8f%b02

アスタナ大会 500m2位

%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%8f%b03%e4%ba%ba2

ヘレンベーン大会 500m3位

ts%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%8f%b0

ヘレンベーン大会チームスプリント優勝

 

 

 

 

 

 

 

 

本人からのメッセージが届いておりますので、ご紹介いたします。

 

12月9日(金)〜11日(日)にスケート王国オランダのヘレンベーンで、前半戦最後となるW杯第4戦が行われました。

  

改装され、新しく生まれ変わったリンクで最初のW杯。

初日500mでは、平日ということもあり、思った程観客が入らず、少し応援に物足りなさも感じましたが、前週のアスタナ大会に続いて低地リンクでの37秒台、そして3位表彰台と、とても良い形で前半戦の500mを終えることが出来ました。アスタナ大会では上位選手の欠場もありましたが、今回はほぼ全員が顔を合わせたレースだったので、そこで表彰台に立てたこと、そして37秒台で滑れたことはとても大きな収穫でしたし、とても自信になりました。

二日目のチームスプリントでは、第2戦の長野大会の時とメンバーを入れ替えて挑みましたが、2戦連続の優勝。今の日本の短距離はどこの国にも負けないくらいの強い4人が揃っていると思うので、この種目が五輪種目だったら良いのにと思ってしまいます。その分代表争いが激しいですが、負けずに頑張ります。

1000mに関しては、再び同走選手とのクロッシングがうまくいかず、うまくスピードに乗ることが出来ず、少し悔しいレースになってしまいましたが、また次のレースで頑張ります。

これで前半戦のW杯が全て終了です。

現在、ポイントランキング500mが3位、1000mが13位、チームスプリントがトップ。このままの勢いで後半戦も頑張ります。

 

スケート部  辻 麻希

 

ワールドカップポイントランキング500m3位、獲得メダル6個という、すばらしい結果でシーズンを折り返した辻麻希は、次戦となる全日本スプリント選手権(12月28・29日 長野市)に向けて調整中です。

なかなか十勝に帰れないハードな転戦が続きますが、きっとシーズン後半も好調をキープし、今季地元唯一の大会となる2月のアジア大会で凱旋してくれることでしょう。

 

皆様には、引き続き熱き応援を宜しくお願いいたします。

%e5%89%8d%e5%8d%8a%e6%88%a6%e3%83%a1%e3%83%80%e3%83%ab

お知らせ

カテゴリー

アーカイブ

健診センター ギャラリー作品展 医療法人社団博愛会の採用情報サイト 介護職員初任者研修講座 博愛会地域総合支援センター 社会福祉法人 博愛会 コムニの里みどりヶ丘
博愛会 介護老人保健施設あかしや グループホームかたらい 介護老人保健施設ヴィラかいせい 小規模多機能型居宅介護あんさんぶる リハビリデイりすた
Copyright © Kaisei Hospital. All Rights Reserved.