お知らせ

【スケート部だより】全日本選手権報告【辻麻希】

新年あけましておめでとうございます。
皆さまにおかれましては健やかに新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
平成から令和となった昨年、医療法人社団 博愛会から社会医療法人 博愛会へ移行し新たなスタートの年となりました。皆様のご支援・ご厚情を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。
本年も職員一同、これまで同様に地域にとって有益な医療・介護の在り方を追求し、医療・介護・保健・福祉が連携した体制づくりと、誰もが安心して暮らせる街づくりに貢献してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。



また、平素より開西病院スケート部に温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。当部所属 辻 麻希より報告書が届きましたので以下に掲載いたします。

全日本選手権報告

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年末、20191226()1229()まで長野県長野市のエムウェーブにて全日本選手権が行われましたので報告させていただきます。


1228()

500m  一回目   3791 2

1000m   一回目  11651 4

 

1229()

500m  二回目   3819 3

1000m   二回目  11654 4

 

総合  152.625 3

 

今シーズンから全日本選手権と全日本スプリント選手権を統合し一つの大会となりました。500m5000m(女子)500m10000m(男子)4種目合計で争うオールラウンド部門、500m1000mを二日間で2本ずつ滑った4種目合計で争うスプリント部門、単種目エントリーのシニア派遣選手選考部門の3部門に分かれていましたが、私はスプリント部門にエントリーしました。

W杯長野大会から2週間、一度ハードなトレーニングも挟んで調整してきましたが、思うように回復させることが出来ず、万全な状態まで持っていくことが出来ませんでした。しかし、初日500mで国内ベストに迫るタイムで2位、1000mも表彰台には届きませんでしたが、シーズンベストとなるタイムで滑ることが出来、まずまずのレースだったかなと思います。二日目こそ得意のスタートも影を潜め、疲れの出たレースになってしまいましたが、何とか4本踏ん張り、総合3位に入ることが出来ました。


今回の結果により、後半戦のW(2/78カナダ・カルガリー)と世界距離別選手権(2/1316アメリカ・ソルトレークシティ)の代表に選出していただきました。どちらも高速リンクでのレースになるので、自己記録更新、初の36秒台突入を目標に、結果にもこだわりながら頑張りたいと思います。また、世界距離別選手権は今シーズン一番目標にしている大会なので、そこでしっかり結果を残せるよう、準備していきたいと思います。

まず1月は大会がないので、もう一度身体やスケーティングを作り直すつもりで、ハードな練習もしっかり形にこだわりながら取り組んでいきたいと思います。2020年も頑張ります。

 

スケート部  辻 麻希


スタート前にはモニターでこんな感じで紹介されていたみたいです

 

 




 


日本スケート連盟公式ツイッター

https://twitter.com/skatingjapan


ナショナルチームInstagramアカウントも是非チェックしてみてください。

@japanspeedskatingnationalteam



いつもたくさんの応援ありがとうございます。今後とも開西病院スケート部 辻 麻希をよろしくお願いいたします。全日本選手権報告

お知らせ

カテゴリー

アーカイブ

健診センター ギャラリー作品展 医師採用サイト 医療法人社団博愛会の採用情報サイト 介護職員初任者研修講座 ことの葉おとふけ 博愛会地域総合支援センター 社会福祉法人 博愛会 コムニの里みどりヶ丘
博愛会 介護老人保健施設あかしや グループホームかたらい 介護老人保健施設ヴィラかいせい 小規模多機能型居宅介護あんさんぶる リハビリデイりすた
Copyright © Kaisei Hospital. All Rights Reserved.