お知らせ

【スケート部だより】宮崎合宿・軽井沢合宿報告【辻麻希】


日頃より開西病院スケート部に温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。当部所属 辻 麻希より報告書が届きましたので以下に掲載いたします。


全日本選手権報告

1月2日(木)〜9日(木)まで宮崎県宮崎市で、1月9日(木)〜22日(水)まで長野県北佐久郡軽井沢町でナショナルチームの合宿を行いました。



新年早々に行われた宮崎県宮崎市での合宿では、自転車トレーニングを中心に一度氷から離れ、陸トレメインの合宿でした。ロングロードや自転車トラックを利用したインターバルトレーニング等、一日に一回は必ず自転車に乗り、ウエイトトレーニングやテクニック練習等、陸でしか出来ないトレーニングをみっちり行いました。氷上慣れしていた身体にはとても辛く、毎日筋肉痛との闘いでしたが、天候にも恵まれ、暖かくとても身体の動かしやすい環境の中で、新鮮な気持ちでトレーニングすることが出来ました。しかし、疲労も溜まってきた合宿後半に腰を痛めてしまい、改めてケアの大切さや身体の使い方を学びました。

1月9日に宮崎県から長野県軽井沢町に移動し、氷上トレーニングに戻りました。この軽井沢合宿は、W杯第5戦の行われるカナダのカルガリー、そして世界距離別選手権の行われるアメリカのソルトレークシティといった標高の高い高速リンクへの対策として、標高1100mほどのところにあるホテルに宿泊し、標高900mほどのところにある屋外リンクでのトレーニングでした。宮崎合宿の疲労で身体もキツイ中、高い標高に慣れていない心肺機能にもかなりの刺激を受けつつ、久しぶりの屋外リンクでは氷の硬さや風や雪などなかなか思うようにいかないこともありましたが、晴れていた日は太陽の日差しがとても気持ちよく、いつもとは違った気持ちでトレーニングをすることが出来ました。ただ、宮崎合宿で痛めた腰のこともあり、リハビリや様子を見ながらのトレーニングが続き、少し我慢の時期にはなりましたが、普段普通にトレーニングをしているからこそ見落としがちな身体の使い方やスケーティングに意識を置きながら、また違った刺激を受けることの出来た合宿でした。

現在はカナダのカルガリーに移動してきてW杯第5戦に向けてトレーニング中です。痛めた腰も順調に回復中で、少しずつですが動きもよくなってきているし、感覚もよくなってきています。一番の目標はW杯の翌週にアメリカのソルトレークシティで行われる世界距離別選手権なので、そこまでには腰も全く気にすることなく、ベストな滑りが出来るよう、しっかり準備していきたいと思います。

今後は、2月7日(金)〜8日(土)にカナダのカルガリーで行われるW杯第5戦に500mと1000m、2月13日(木)〜16日(日)にアメリカのソルトレークシティで行われる世界距離別選手権大会に500mで出場します。カルガリーもソルトレークシティも日本との時差は-16時間です。1000mに関してはW杯が今シーズンラストレースになります。ここからの2戦は高速リンクでのレースになるので、500mでも1000mでも自己記録の更新を目指して、そして一つでも上の順位を取れるよう表彰台を目指して頑張りたいと思います。

スケート部  辻 麻希


初めてバンクの一番高いところまでいきました。写真ではわかりづらいですが、結構な傾斜でかなりビビってました。


インターバルトレーニング後は全員がこんな感じに倒れ込んでることもしばしば…笑


軽井沢で宿泊していたホテルのテラスは標高1130m。浅間山がよく見えます。


スプリントチーム全員でのラスト練習後の集合写真。これからはみんなスケジュールがバラバラです。


 


日本スケート連盟公式ツイッター

https://twitter.com/skatingjapan


ナショナルチームInstagramアカウントも是非チェックしてみてください。

@japanspeedskatingnationalteam



いつもたくさんの応援ありがとうございます。今後とも開西病院スケート部 辻 麻希をよろしくお願いいたします。

お知らせ

カテゴリー

アーカイブ

健診センター ギャラリー作品展 医師採用サイト 医療法人社団博愛会の採用情報サイト 介護職員初任者研修講座 博愛会地域総合支援センター 社会福祉法人 博愛会 コムニの里みどりヶ丘
博愛会 介護老人保健施設あかしや グループホームかたらい 介護老人保健施設ヴィラかいせい 小規模多機能型居宅介護あんさんぶる リハビリデイりすた
Copyright © Kaisei Hospital. All Rights Reserved.